インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

大きな効果を得られるインプラント治

2018年01月31日 | 日記
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。


また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。


まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。


ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。


しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。


全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることは実現できるようになりました。


インプラント治療には隠れたメリットがあります。


仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。


一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。


義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。


他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。


義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。


ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛い面があります。

一口にインプラント治療といっても、

2018年01月30日 | 日記
一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。


まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。


人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。


という段階を踏みます。


この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。


ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。


それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。


人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。


骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


全額自費と考えてください。


経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。


歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。


化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。


この治療の費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。


なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的な相場とみて良いでしょう。

数々のインプラント治療の問題点について、広く調べ

2018年01月29日 | 日記
数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。


でも、気にしなくて良いです。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。


インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。


インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。


これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術を置いて語れません。


患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。


保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


地域によってかなり料金は異なります。


また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。


ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


高い費用も、一括払いには限りません。


クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。


インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。


周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。


インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。


とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。


最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

喫煙が、インプラント治療の成否に

2018年01月28日 | 日記
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。


インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。


周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。


インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。


どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。


埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。


けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。


特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。


メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。


従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。


チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。


また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。


本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくというのもありえます。


インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。

歯科医でインプラント治療を勧め

2018年01月26日 | 日記
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯づくりを指します。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。


歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。


その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。


綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。


歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。


人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。


ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。


余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。


今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当医の技量によっても変わるようです。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。


加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も左右されてしまうのです。