インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

歯科治療の一環として、インプラント

2017年07月31日 | 日記
歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。


こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。


欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。


インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。


ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。


「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。


天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。


対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。


インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。


インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。


そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。


どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む

2017年07月30日 | 日記
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。


腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。


こうなれば我慢は必要ありません。


すぐに診療を受けましょう。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。


このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。


顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。


人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。


それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。


よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。


ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。


医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。


医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。


確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。


歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。


手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。


化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむ

2017年07月29日 | 日記
インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。


保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。


加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるといったことも他の歯科治療と異なります。


近年市民権を得てきたインプラント。


人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必須になってきます。


これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものは一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。


様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。


しかし、それは正しくありません。


MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。


身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。


代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。


ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。


両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。


技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。


埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。


こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことの影響が多分にあります。


技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯

2017年07月28日 | 日記
虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。


両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。


自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。


人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。


骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を用いているのです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


全額自費を覚悟しましょう。


余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、それと裏腹のデメリットもあります。


まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。


難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。


そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。


ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。


全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。


それだけでなく、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが最終的に歯科医を選ぶ決め手です。


新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。


ですが、制約もあるので覚えておきましょう。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を

2017年07月27日 | 日記
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。


このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。


人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。


人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使って作られているためです。


インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。


ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。


せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。


これでは折角のインプラントが台無しです。


理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。


ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


近年、インプラントの治療件数が増えてきました。


これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。


費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。