インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部

2017年01月30日 | 日記
気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。


その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術が物を言うといわれています。


そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根部が残っているかどうかの違いです。


虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。


これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。


人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。


残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。


つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。


さて、そこでインプラントですが、これは金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。


インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。


せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


自然に治ることはありませんので、即刻診断を受ける必要があります。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が

2017年01月29日 | 日記
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。


保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。


インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。


これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。


インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。


日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。


血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。


負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。


インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。


保険適用外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。


そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。


インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。


他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。


2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。


初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。


まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。


ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


では、インプラントの場合はどうでしょうか。


インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。


自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプ

2017年01月28日 | 日記
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。


外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。


健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。


ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。


歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。


麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。


治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。


健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。


インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると数倍の費用がかかるケースもあることを承知しておく必要があります。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は見過ごしてはならないレベルです。


インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件となります。


周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。


快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。


歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。


ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。


それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。


この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、

2017年01月27日 | 日記
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。


今では、どこで手術を受けても大して痛くないのが普通です。


手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。


麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。


これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。


しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。


歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。


ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。


現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その義歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。


これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。


インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。


腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。


十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。


こうなれば我慢は必要ありません。


すぐに診療を受けましょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な

2017年01月26日 | 日記
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。


それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。


インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。


ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。


インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。


保険がきかない理由ははっきりしています。


インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。


インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。


どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すという手段もあります。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。


一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。


人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。


腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてここはぐっと我慢してください。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。


こうなれば我慢は必要ありません。


すぐに診療を受けましょう。


インプラント埋入は外科手術なので、術後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごさなければなりません。


日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてください。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。


負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。