インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

厳しい条件をクリアしない限り、イ

2016年09月30日 | 日記
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。


確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。


歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。


ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。


歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。


通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。


一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。


使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。


しかし、難点もあるということに気を付けてください。


それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあることです。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。


この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


保険がきかない理由ははっきりしています。


この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。


これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

よくいわれるインプラントのメリットで

2016年09月29日 | 日記
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。


歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。


新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。


しかし、留意すべき点もあるのです。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。


この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。


インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。


ですから、歯科医院を決めるときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。


近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。


入れ歯の装着に違和感があるという方、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。


外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。


おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。


手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。


メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。


従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

保険適用外のインプラント治療にもお

2016年09月28日 | 日記
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


トータルで30万円から40万円と考えてください。


地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。


チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。


費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、当然ながらデメリットもあります。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。


高額のケースでは、数十万円必要になることも覚悟してください。


あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。


ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。


どうにも入れ歯がしっくりこない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。


外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。


おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。


治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。


糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。


そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。


自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。


これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。


独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。


この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。


手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、歯科

2016年09月27日 | 日記
年々進化を続けるインプラントの技術。


近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。


上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。


これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。


インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。


最大のデメリットは費用が高額になることです。


難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。


加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性がある危険性も承知しておいてください。


障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。


歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。


何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化が歯科医院ではよくきかれます。


インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。


こうした症状に気付いたら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。


良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

1年近くもかけてインプラントを定着

2016年09月26日 | 日記
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、毎日欠かさず行うようにしましょう。


歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。


治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。


糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。


自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。


これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


今後もおそらく保険はきかないでしょう。


なぜならこの人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。


あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。


それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。


年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。


インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。


患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。


どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。


この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。


手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。