インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外

2016年07月31日 | 日記
インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。


インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。


インプラントだと歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。


インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。


周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。


インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。


治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。


場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。


利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。


とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。


担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置をとっても腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。


歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。


局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。


手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

歯科治療の新たな形として注目され

2016年07月30日 | 日記
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。


その人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。


セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。


美的センスに加えて、熟練したスキルが必要不可欠です。


これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。


一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。


時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。


1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。


加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。


「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。


まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。


天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。


歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。


皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。


保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。


治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。

インプラント治療を希望する代表例

2016年07月29日 | 日記
インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。


他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。


インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。


良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。


インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、デメリットも知った上で選択してください。


最大のデメリットは費用が高額になることです。


難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。


そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。


障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。


どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはそう簡単に断念せず、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。


長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わったといっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。


歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。


歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

インプラント治療にかかる費用を合計するとイ

2016年07月28日 | 日記
インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。


いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。


近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。


インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。


十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。


急患でも診療を受けることが必要です。


歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。


虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。


その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。


様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すということも考えていきましょう。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。


インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。


保険がきかない理由ははっきりしています。


インプラント治療をすすめようとすると他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。


これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

インプラント治療は骨を削って

2016年07月27日 | 日記
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。


では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。


リスクをできるだけ減らすためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。


とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。


また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。


こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。


まずは歯科医に全て話しておきましょう。


欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。


ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。


ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。


どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。


それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


難しいケースでは数十万円かかることも珍しくありません。


加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。


障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。