インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

歯科医にインプラント治療をすすめられるケース

2018年11月20日 | 日記
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。


ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。


これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。


他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。


人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


その全額が自費になるのが普通です。


ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。


徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件が割と少なくないようです。


これはなぜでしょうか。


一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。


ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。


外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。


普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。


日常的に運動を続けている方なら、どうなったら再開できるか、歯科医と話し合うと安心できます。


歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 虫歯をひどくしてしまい、抜... | トップ | 混同されることの多いインプ... »