インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

新たな歯科医療の形として注目され

2018年06月12日 | 日記
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。


その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。


ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。


長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。


ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。


差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。


まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。


さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。


自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。


義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。


この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。


従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。


人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。


人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強度を備えています。


たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 一般的な規模の歯科医院で、... | トップ | 高額なインプラントは、一体... »