インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

皆さんが気にしているインプラントの耐久

2018年07月14日 | 日記
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、現状では確実な説はありません。


日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。


すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。


歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。


自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。


それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。


インプラント治療には隠れたメリットがあります。


仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。


歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。


麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。


術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。


特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。


メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。


標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラントはどのくらい保... | トップ | インプラント治療は、まず何... »