インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手

2019年01月07日 | 日記
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。


手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。


麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。


痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。


欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。


両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。


ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどにしっかりした構造になっています。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。


様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。


とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。


徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。


そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。


ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。


ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。


インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。


周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラントは他の歯に影響... | トップ | 1年近くもかけてインプラント »