インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは

2018年07月08日 | 日記
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんにお薦めします。


クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。


インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。


ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。


このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。


感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。


最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。


義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。


これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。


ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。


最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。


ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。


年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術を置いて語れません。


それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 歯科におけるインプラント治... | トップ | 無くなった歯をインプラント... »