インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院する

2019年01月10日 | 日記
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


入院する必要はまずありません。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。


もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。


喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。


一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。


そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。


この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。


歯科治療の現場は日々進化を続けています。


最近は、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。


これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。


なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。


最近話題になることも多いインプラント。


ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。


まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。


後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。


どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。


どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 1年近くもかけてインプラント | トップ | 残念ながら、インプラント治... »