インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、イ

2018年07月11日 | 日記
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。


どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。


問題が起こるリスクを軽減するためにも、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。


外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。


日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。


血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。


日常的に運動を続けている方なら、歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。


様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。


最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。


あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、デメリットも知った上で選択してください。


全ての患者に関わるのは、高額な費用です。


高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。


そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。


まれな症例として、手術後の死亡例もあります。


顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。


骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。


他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。


よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれており、それぞれ特性が異なります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 一般的なインプラント治療は... | トップ | インプラントは人工歯根に義... »