インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

他の歯科治療と同じように、インプラン

2018年07月05日 | 日記
他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。


では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。


こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。


インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。


放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。


一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。


口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。


さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。


残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。


確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。


インプラント治療には隠れたメリットがあります。


治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。


あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。


費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 歯科医にインプラント治療を... | トップ | 残念ながら、インプラント治... »