インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨

2018年06月15日 | 日記
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。


腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。


大至急歯科医にかかってください。


インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って過ごさなければなりません。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は控えることが望ましいです。


傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。


日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておけばベターです。


人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。


人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。


チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。


ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。


経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。


虫歯をひどくしてしまい、抜くしかなくなってしまいました。


隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。


結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。


忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。


前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療が一番ふさわしいでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« がんばって終わらせたインプ... | トップ | インプラント埋入は外科手術... »