インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込

2018年06月08日 | 日記
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。


数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。


もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。


指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。


手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。


考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。


しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることが治療を成功させるために必要です。


歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、しばらくの間、極力安静に生活を送ってください。


日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらく行わないようにしましょう。


傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。


運動を毎日のように行っている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。


虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。


しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。


全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。


この治療の費用は歯科医院や歯科医によって幅があるのが普通です。


何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。


インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 利点も多いインプラントです... | トップ | 欠損した歯を補う手段はいろ... »