インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっていま

2019年01月13日 | 日記
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。


骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。


インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。


そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。


インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。


治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。


このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。


インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


入院することはめったにありません。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。


加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。


腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。


自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。


歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。


しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。


保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。


もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。


どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。


隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。


結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だったと思います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 少数の歯の欠損に対する治療... | トップ | 歯科治療で手術を受けたこと... »