インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全

2018年08月01日 | 日記
インプラント治療が適用されるケースとして、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。


両隣の歯は健常なので、削りたくないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。


最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。


それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。


これは重要な事実です。


いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。


ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。


対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。


手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。


多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。


メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円程度かかることが多いです。


従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。


まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。


難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。


あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。


本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 最近よく耳にするインプラン... | トップ | 今流行りのインプラント。一度 »