インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかとい

2018年06月13日 | 日記
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。


要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを忘れてはいけません。


様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けることも考えるべきです。


インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。


一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることに努めましょう。


どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。


デンタルケアを欠かさないことが重要です。


日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。


インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。


インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。


どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。


このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。


現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。


けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。


通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 新たな歯科医療の形として注... | トップ | がんばって終わらせたインプ... »