インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

これからインプラント治療を始めよ

2018年09月08日 | 日記
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。


実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。


インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


ただし、おおよそ相場は決まっています。


インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのがおおよその相場と考えてください。


インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。


それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。


この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。


人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。


しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。


感染が重篤化する危険性があるので早急に診察を受けましょう。


人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。


手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。


腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。


もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。


こうなれば我慢は必要ありません。


すぐに診療を受けましょう。


歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。


インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 治療を断念する方もいるくら... | トップ | ほとんどのインプラント治療... »