インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術

2019年01月06日 | 日記
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。


人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。


どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。


ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。


検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。


現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。


インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。


十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。


我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。


最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。


技術の進歩した今では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。


埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。


そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。


なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。


ネットのレビューなども参考になります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 手術によって、人工物である... | トップ | 歯科で手術の経験がない方は... »