インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、

2018年05月15日 | 日記
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。


それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。


骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。


口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。


口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。


どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。


抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。


義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。


入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。


長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。


治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。


口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。


日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。


加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。


様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。


インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラント治療による危険... | トップ | 入れ歯では噛んだ感じがしな... »