インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨

2018年07月07日 | 日記
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。


金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。


インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。


一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。


インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。


その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。


自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。


歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。


しかし、留意すべき点もあるのです。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。


後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。


インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。


なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。


基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。


しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。


長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。


隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。


自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 残念ながら、インプラント治... | トップ | どこの歯科医院でも、インプ... »