インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

一般的なインプラント治療は、大きな3

2018年07月10日 | 日記
一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。


長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。


ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。


インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。


これは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。


その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。


インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。


それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということであり、その分高額になっているのです。


本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。


近年、インプラントの治療件数が増えてきました。


これは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。


ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。


インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。


周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素もかなりマイナスに作用します。


インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 無くなった歯をインプラント... | トップ | 歯科医の技量、患者の体調な... »