インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

1年近くもかけてインプラント

2019年01月09日 | 日記
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、どうしても自分次第のところがあります。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。


歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。


インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。


麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。


頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。


インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。


人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。


チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。


インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。


ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。


顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。


インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。


他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。


この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。


初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。


まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。


歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。


当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。


一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。


原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 歯科で手術の経験がない方は... | トップ | インプラント埋入手術では局... »