インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

近年市民権を得てきたインプラント。

2018年09月21日 | 日記
近年市民権を得てきたインプラント。


人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。


これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。


美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。


これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。


近年、インプラントの治療件数が増えてきました。


これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。


インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。


人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。


チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


全額自費を覚悟しましょう。


ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


歯磨きにも正しい仕方があります。


歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。


担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。


他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。


では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。


こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« インプラントの利用を考える... | トップ | 様々な条件を考え合わせた上... »