インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わると

2018年06月14日 | 日記
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。


毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。


インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。


長く根気のいるインプラント治療。


しかし、やっと治療期間が終わったといっても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、毎日欠かさず行うようにしましょう。


治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。


さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。


担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。


インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


それにとどまらず、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。


ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。


確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。


確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。


無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。


インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。


こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 高額なインプラントは、一体... | トップ | インプラント埋入手術では、... »