インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントと

2019年01月15日 | 日記
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。


いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。


ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。


口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。


先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。


インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。


しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。


どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。


ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。


結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。


インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。


安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。


他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。


クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。


まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。


あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。


障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 歯科治療で手術を受けたこと... | トップ | 厳しい条件をクリアしない限... »