インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント

2018年09月16日 | 日記
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。


健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。


インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。


これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。


インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。


他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。


費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。


入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。


これはなぜでしょうか。


一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているケースもあり得るのです。


こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。


インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。


歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。


歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。


また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。


治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。