インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は基本的

2018年09月01日 | 日記
今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。


ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。


口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。


歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。


ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。


両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。


ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方もかなりいるようです。


しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。


費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。


少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。


ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


ですから、見た目を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。


さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。


インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。


それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。


標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。


この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。


標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。