インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

保険適用外のインプラント治療

2018年08月11日 | 日記
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。


治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。


歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。


何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。


外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。


どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。


年々進化を続けるインプラントの技術。


近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、歯がグラついて違和感を覚えるなどといったトラブルの事例もあるようです。


そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。


技術が高く、インプラント手術に慣れている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。


初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。


まず、差し歯というのは、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。


それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。


差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。


インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。


これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。


美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。


もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。