インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメン

2018年08月08日 | 日記
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。


特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。


食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。


インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。


かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。


混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。


では、インプラントの場合はどうでしょうか。


インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。


自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。


チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。


治療が終わったところで、重要なメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。


一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。


使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。


血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。


そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。


自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。