インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院

2018年05月25日 | 日記
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


入院することはめったにありません。


糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。


そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。


腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。


もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。


代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。


例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。


他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。


どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。


日々のケアが欠かせません。


毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。


インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。


インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。


インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが次のステップに進むための条件です。


組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。


この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。


1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。


口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。


ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。