インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この

2018年05月11日 | 日記
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。


これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。


美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、従来の金歯よりも高額になるのです。


歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。


失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。


人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。


チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


全額自費を覚悟しましょう。


経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。


インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。


傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。


おおむね保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。


また、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。


また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。