インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラント治療によって義歯が使え

2018年05月09日 | 日記
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。


第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。


この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。


仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。


歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。


麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。


術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。


痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と、歯科医院の決め方です。


この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。


また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。


近年市民権を得てきたインプラント。


人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。


プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。


高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。


もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。


虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。


このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。


費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。


手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。