インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選

2018年02月13日 | 日記
インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。


クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。


残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。


確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。


確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。


インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。


では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。


問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。


基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。


高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。


クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。


治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。