インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になり

2018年02月03日 | 日記
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。


小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。


金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。


人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。


チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。


インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。


余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。


インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。


いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。


喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。


インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。


人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。


周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。


快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はがんばって禁煙に励みましょう。


インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。


インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスが必ず求められます。


しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。


自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。