インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

忘れてはいけないこととして、インプラ

2018年02月02日 | 日記
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。


既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。


美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。


もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。


インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。


インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。


一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。


言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。


義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。


自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。


異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。


今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。


毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。


加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。


入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方にはぴったりくるのはインプラントです。


インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。


何よりも見た目の自然さや快適な使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。