インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラン

2018年10月16日 | 日記
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。


インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。


見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優位に立ちます。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。


歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。


毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。


どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。


インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。


ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。


セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。


美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。


もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは従来の金歯よりも高額になるのです。


成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。


全ての患者に関わるのは、高額な費用です。


治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。


また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。


まれな症例として、治療によって死亡したケースもありました。

人工歯としてのインプラントは

2018年10月15日 | 日記
人工歯としてのインプラントは自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。


一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。


地域によってかなり料金は異なります。


また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。


事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。


忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。


高い費用も、一括払いには限りません。


多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。


現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方もかなりいるようです。


しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。


治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。


チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。


インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。


また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。


インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。


外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。


インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。


ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。

歯を抜いたところにも人工歯を

2018年10月14日 | 日記
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。


しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。


それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。


インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。


糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。


いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療を受けに行くという手段もあります。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。


一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。


現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。


しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。


治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。


手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。


インプラントについて、簡単に説明すれば自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。


ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。

欠損した歯が少ない場合、治療としては

2018年10月13日 | 日記
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。


そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。


一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。


ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。


加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。


年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。


この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。


患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。


一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。


地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。


また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。


治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。


チェック事項はいくつもありますが、まず実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。


費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。


インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。


医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。


確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。


新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。


それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。


歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の

2018年10月12日 | 日記
ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もずいぶん見受けます。


それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。


全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。


他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。


インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。


周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。


インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。


徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。


インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。


この原因としては、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。


より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。


埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。


けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。


普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。


メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。


どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


それはもちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。