インプラントでのあれこれ・・・

インプラントに対してちょっと詳しく・・・

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら

2018年09月23日 | 日記
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。


虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。


しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。


安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。


他の治療が難しい方にすすめられる治療なのです。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。


入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。


インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。


とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。


歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。


他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。


治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。


このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。


数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。


ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。


我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を

2018年09月22日 | 日記
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。


最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。


どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった話を聞いた方もいるでしょう。


でも、気にしなくて良いです。


磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。


しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていて検査には問題ないのです。


差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。


差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。


つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。


当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。


さて、そこでインプラントですが、これは歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。


差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。


埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。


けれども歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。


普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。


メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。


全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。


インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。


インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。


一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。

近年市民権を得てきたインプラント。

2018年09月21日 | 日記
近年市民権を得てきたインプラント。


人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。


これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。


美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。


これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。


近年、インプラントの治療件数が増えてきました。


これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。


なお、インプラント治療は全て自費となり、その治療にはどうしてもお金がかかります。


インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。


人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。


チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。


インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。


全額自費を覚悟しましょう。


ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。


インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。


義歯を劣化させず長持ちさせるのは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。


歯磨きにも正しい仕方があります。


歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。


自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。


さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。


担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。


他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。


では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。


こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はよく考えて決めてください。

インプラントの利用を考える際に、口の中が腫れて痛む

2018年09月20日 | 日記
インプラントの利用を考える際に、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。


腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。


担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。


保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


トータルで30万円から40万円と考えてください。


相場は地域によって異なります。


歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。


できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。


忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。


費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。


耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。


すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。


人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。


骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。


インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。


経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。


1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。


インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。


間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。


正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。


治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。


加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。


ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラント

2018年09月19日 | 日記
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。


それは、治療を行う歯科医の腕や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。


歯科で鎮痛剤の処方を受け、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。


最近話題になることも多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。


何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。


インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。


インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。


なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。


検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


今後もおそらく保険はきかないでしょう。


なぜならインプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。


インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


治療の一部を保険適用にするだけでも、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。


インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。


しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。


治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始は実現できるようになりました。


これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。


一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


また、できればどの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。