花歩る木

山と旅がすきです

出羽三山めぐりと鳥海山 (山形県) 3

2018-07-30 10:13:45 | 

2018年7月26日月山・弥陀ヶ原~羽黒山

      
      月山八合目(1400M)・弥陀ヶ原 には中の宮(お田原神社)があります。
      
      弥陀ヶ原には、「いろは48沼」と呼ばれる大小の池塘が点在しています。
      高山植物の楽園でもあり、整備された木道を歩いて散策をたのしめます。
      
      雲が多い、きりが多い月山で、こんなに良く晴れて、鳥海山がくっきり見えて、清々しい気持ち!  

      
      羽黒山・随神門
      
      山伏の人が案内役。
      
      神橋、祓川(はらいがわ)に架かる。清流は月山から流れてくる。三途の川とも言っている。
      
      爺スギ(樹齢1000年といわれる天然記念物) 婆スギもあったが暴風で失われた。
      
      右手に見えるのは、国宝・羽黒山・五重塔 高さ29.9m 今年、明治以降初めて開帳され、内部を
      特別拝観できました。耐震の役割を担ったとされる「心柱」も見学できました。

      
      羽黒山・三神合祭殿 再建200年を記念した秘仏特別公開がおこなわれています。

      弥陀ヶ原の高山植物

      
      ハクサンフウロ     頂上への入口、ここから3時間の歩きです。
              
      オオバギボウシ             ニッコウヒスゲ             キンコウカ
        
       ノリウツギ                ウツボグサ               ヤマハハコ

      3日間好天に恵まれて、とどこうりなくスケジュールを消化でき、山の涼しい風に体も心もリフレッシュ出来ました。
      
      

 


出羽三山めぐりと鳥海山 (山形県) 2

2018-07-29 08:16:28 | 

2018年7月25日鳥海山麓の滝の絶景、と、五合目の絶景をめぐりました。

           元滝伏水流

           
           鳥海山へ登る人がみそぎをしたところ。高さ5M、幅30Mと続く溶岩の壁から湧き出しています。
           湧水の水温は約10℃で、一帯には薄い霧が立ち込めています。

           
           「鳥海山麓線“おばこ号”」23キロ、田園風景の中を走ります。おばこ姿のアテンダントが沿線案内を
           したり、グッズを売ったりして、“地域の宝”になっているそう。

                     鳥海山(2237m)  出羽富士とも称される

           
           秋田県象潟から、「鳥海ブルーライン 」に乗って五合目(1150m)に着きました。
           鳥海山の絶景(頂上は見えませんでした)、日本海が見えました。

                     
           ここから頂上に向けて登って、下りる所です。     昔と変わりない、懐かしい所でした。  

                     
                                      タカネニガナ               ヨツバヒヨドリ

          
          今年は、夏になっても 「山に関」わる旅」 はないので、月山、鳥海山の8合目、5合目に行ってくれる
          ツアーを探して、「山に花がある時期を」 申し込んでおきました。
          21年前、12年前に3泊、4泊で、所属している山の会の皆さんと2回登っています。 今は、重い荷物も
          持ちたくないし、足も弱くなってますので、頂上には行ケナイ!  でも山の景色を見たい。空気を吸いたい。
          で、都心から割と近い 鳥海山と月山に、決めたのです。
         
          3日とも、強い日差しの日でした。しかし、5合目の鉾立からは、日本海や2237Mの頂上がときどき顔を
          のぞかせていましたし、爽やかな風が吹いて、酷暑の東京から来たかいがありました。

                                                       二泊目 鶴岡泊まり
           

           

           

           

                     

           


出羽三山めぐりと鳥海山 (山形県) 1

2018-07-28 12:56:00 | 

2018年7月24日~26日 山形県の出羽三山と鳥海山へ行ってきました。

      出羽三山は、月山(1984m)、羽黒山(414m)、湯殿山(1504m)の総称で、
      古くから修験道の霊場として有名です。
      羽黒山が現世、月山が前世、湯殿山が來世の浄土を表すともいわれます。
      
      積雪時期の関係で、出羽三山めぐりが出来るのは7月頃から秋ごろまでだそうです。
      

      7月24日湯殿山 出羽三山の奥ノ院

      
       湯殿山・仙人沢 の大鳥居 
      
      参拝バスを降り、参道入り口より約100m登り降り。約1500mに位置する、厳しい戒めで知られる神社。
      本宮入口で素足になって、お祓いを受けてからご神前に進みお参りします。

      社殿はなく、温泉が湧出する場所にある茶褐色の巨岩がご神体。 写真は、入口以降は厳禁。
      「語るなかれ、聞くなかれ」と言われ、明治4年にやっと女人禁制がとれたという。

      「語られぬ 湯殿にぬらす 袂かな」  芭蕉 

     丸池様 
 
   国指定史跡

      
      周囲を鬱蒼とした樹木が囲い、豊富な湧水が伝説と共に神秘的なたたずまいを醸している。
      
       
      牛渡川  鳥海山の湧水のみを水源とする川。バイカモが咲いていた。

      山居倉庫   荘内のシンボル (酒田市)

      
      
      
      
      
      最上川の出羽大橋からの朝の風景
      
      米どころ荘内のシンボル。明治26年(1862)に建てられた米保管倉庫です。
     米の積みだし港としてにぎわった歴史を今に伝え、NHKの朝ドラ「おしん」の舞台にもなった所です。
     近くでは、吉永小百合さんのJRのポスターでお馴染みの風景でもあります。

     倉庫の米の収容能力は18万表。夏の高温防止のために背後にケヤキ並木を配し、内部の湿気
     防止には二重屋根にするなどの工夫が施されています。

     朝、5時過ぎに散歩に行って、朝の光に照らされた倉庫群の美しさにこの町の品格を感じました。
      

                                                                                                     酒田市 泊まり


ルーブル美術館展 (国立新美術館)

2018-07-12 13:30:20 | 美術館


2018年7月11日 ルーブル美術館展 
             肖像芸術―――人は人をどう表現してきたか      ~9月3日まで

       古代から19世紀まで、ルーブル美術館を代表する
       110点の肖像作品が揃っていました。
       3000年以上も前の古代エジプトの棺用マスク、ルイ14世、

       ナポレオンなど、そして華麗な女性や、子供の肖像まで
       歴史を見るような展覧会でした。
 
          
         国立新美術館の入口までのアプローチ                     ロビーのポスター  
                                                       真ん中の開き窓に顔をのぞかせると
                                                       記念写真が撮れます。

            ここからの写真はテレビ「ぶらぶら美術博物館」より
                      
                       《棺に由来するマスク》 3400年前              《女性のミイラ肖像画》 2世紀後半
             ミイラを入れる棺の顔の部分につけられていた。
             
                       
            《ヴェネツィア貴族の女性》 通称 《美しきナーニ》   《アルコレ橋のボナパルト》1796年 油彩
            16世紀 油彩   かの《モナ・リザ》と同室に      27歳の将軍ナポレオン・ボナパルトは、軍を            
            展示されている ルーブルの至宝です。          率いて、勝利に導きました。
                                     
              
            《ナポレオン1世の像》 34歳で皇帝になった頃      エピローグは《春》 アルチンボルド 1573年


                          
                           “オフィシャルサポーター”は、高橋一生さん!   “音声ガイド”も担当!
            
            音声ガイドを借りるコーナーは、行列でした。高橋一生さんがガイドですモノ、期待に
           胸が高鳴りました。スイッチオンにして、見学を始めましたら、一生さんの滑舌爽やか、
           やわらかで澄んだ低めの声が、西洋の英雄たちの歴史を語ってくれました。
            
           見渡す限り 顔、顔、顔の展覧会か?・・・・ってやや気乗りのしない最初の印象

           でしたが、終って見れば、2時間で西洋の歴史の中にいたような、そして、一生さんを
           独り占めしてお話をうかがったような・・・・至福の美術展でした。
                                                              

            


映画・「妻よ薔薇のように」 「万引き家族」

2018-07-02 16:11:19 | 映画 演劇

2018年6月11日、28日に映画を見てきました。

      6月11日 「妻よ薔薇のように 家族はつらいよ Ⅲ」
      
      山田洋次監督 のシリーズ3作目。今回のテーマは「妻の反乱」

       

      3世帯で暮らす、ごく普通の家族を通して、一家の要なのに時に軽んじられて
     きた
主婦に光をあてた作品。
       
      平田家の主婦・史枝(夏川結衣)は、子供2人と夫(西村まさ彦)、両親の
     世話を一手に引き受けてきた。ある日、平田家に泥棒が入り、史枝のへそく
     が奪われる。夫から心無い言葉で攻められて、史枝は、家を出て行ってしまう。

     「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」
     「俺の働いている間に昼寝だと!」「家事なんて誰だってやれるだろ!」
     
     「一身上の都合により『主婦』やめます」 あ~あ家出しちゃった。と、言うわけ。

     史枝の行動が女性には共感を、男性には反省を呼びますね。
     
     監督は、「主婦への讃歌」をテーマにして、家族と言うものを考えるきっかけに
     したのだと思います。86歳の監督、続編はあるんでしょうか?


     
      6月28日  「万引き家族」

      

      カンヌ映画祭でパルムドール賞を受賞した作品です。

     東京の片隅で生きる「普通じゃない」家族の物語。祖母(樹木希林)の年金を
     当てにして暮らしていて、足りない分は治(リリー・フランキー)と翔太(城桧吏)
     が万引きで補っている。翔太が成長し、他人の物を盗むことに疑問を感じはじめ
     成長していく・・・そのあとも見てみたい。

     是枝監督は、原案、脚本、編集もしていますが、映画を見る前に、そして見た後も
     原作を読んでほしいと望んでいます。もっと深く味わうために・・・でしょう。
      
くしくも2作品とも「家族」「絆」をテーマにしていました。


琳派 山種美術館

2018-06-29 16:27:06 | 美術館

 

 2018年6月28日 午後 山種美術館の 「琳派ー俵屋宗達から田中一光へ」を見てきました。 

      今年は、琳派の酒井抱一の没後190年、及び鈴木其一の没後160年に当たり、
      それを記念して、江戸時代、俵屋宗達、尾形光琳・抱一を中心に花ひらいた
      琳派が現代のグラフィックデザイナーにも受け継がれている伝統をたどる展覧会です。

      
      「千羽鶴」 加山又造 1977年  入口を入ってすぐ目に入ります。(1階のロビーに常設) 陶板

          
      「鹿下絵新古今集和歌」俵屋宗達(絵)  本阿弥光悦(書)       写真はテレビ・「日曜美術館」より

                         
                  「JAPAN」 田中一光 1986年

      
      伝俵屋宗達 「槙楓図」 17世紀    幹や枝が造る曲線やカーブを意識した構成

      
      「四季花鳥図」  鈴木其一   19世紀
      
       「白楽天図」 尾形光琳 18世紀   能生の一場面をデザイン感覚で描いている
      
      「翠苔緑芝」 速水御舟 1928年     宗達に傾倒している描き方

      年2回ある市民講座(美術)で、7月は、「日本美再発見・琳派の美学」・・・・を講義してもらいます。
     それの予習にピッタリでした。   講師は美術史研究家・元NHKプロジューサーの方です。
      
      


所沢の百合園(埼玉県)

2018-06-26 21:13:26 | 散策

2018年6月25日所沢の百合園へ行ってきました。   6月2日~7月8日まで

      百合園は、西武球場のすぐそばにあるんですが、そこへ行くまでが大変。
      西武鉄道・新宿線所沢と西所沢で2回乗り換えて「西武球場前」駅へ到着しました。
      駅を下りると左が「西武球場」、右へ行けば「百合園」が近かったです。

      この日も猛暑日の予報で10時過ぎでギラギラ暑い!  空はピーカン。
      早咲きの花はピークを過ぎた感じですが、これからは遅咲きが開花するようです。
      遅咲きの「ハイブリッド」は、下向きに咲く花が多く、芳香が素晴らしいのだとか。

      
      
      
      50種・約45万株の百合が、狭山丘陵の地形そのままに咲き誇っています。
      ゆったりとしたアップ・ダウンの散策路で色鮮やかな百合を鑑賞出来ました。

    要所要所に、休憩所があって、そこでは冷たい飲み物、アイス、百合園おすすめの
     「ユリ根の天ぷら」うどん・そばがあり、いただきましたが、思ったよりおいしかったです。
入場料 大人1100円    ユリ根うどん」1000円


      狭山不動尊    天台宗別格本山の寺院。   本尊は不動明王

 
     
      
      
      

      徳川家に由緒のある門、搭、鐘などがあるな~~と、不思議に思っていましたら、
      西武鉄道の元オーナー堤義明氏が造ったものだそうです。プリンスホテルの開発に
      伴い、主に東京・増上寺の徳川家ゆかりのものなど各地から集められた文化財が
      境内に配置されているんだそうです。

      西武ライオンズが必勝祈願するお寺のようです。


太宰治桜桃忌 散歩 (三鷹)

2018-06-18 17:59:44 | 散策


2018年6月16,17日 太宰治没後70年の特別展が三鷹市美術ギャラリーで行われています。
                                             6月16日~7月16日まで
      桜桃忌近くなると、三鷹には、太宰フアンと思われる若い人がゆかりの場所を訪ね歩いています。
      没後70年ともなると、年々人数が少なくなるかと思いきや、最近は、中国、台湾からのフアンが
      多くなってきているそうで、映画、漫画の影響も大きいんでしょうネ。

       私の家は三鷹の隣町、跨線橋を渡ればあと7~8分の所です。
      今では、太宰の生きた町で、そのまま残っているのは、この跨線橋だけだそうです。

      
      
      今でも、子供に電車を見せに来るところ。お天気のいい日には富士山を、夕日を見に来るところです。

      禅林寺    

      
      禅林寺入口
      
      太宰治の墓
      
      向かいにある 森林太郎(森鴎外)の墓

      
      「フォスフォレッセンス」太宰作品から名をとったブックカフェ
      禅林寺から約1.2キロ離れた(バスに乗っていった)ところにある、ちいさなお店。

       
      今は、市が運営する「井心亭 せいしん亭」  この向かいに1939年から終戦前後をのぞく7年半、居を構えた。
      新築の借家で40平方m。美知子夫人との間に3人の子に恵まれ、生涯で150点の作品のうち、90点
      近くを発表した家。今は全て建て替えられて、現存していません。「玄関の前のさるすべり」は、井心亭に
      移植されています。
       
            玉鹿石 太宰を偲んで、故郷、青森県金木町産の玉鹿石を石碑としました。
      このあたりの玉川上水で(道路を挟んで向こう側)、太宰は入水したそうです。39歳でした。
      
      
      「太宰治文学サロン」  2009年、生誕100年を記念して、太宰が通った酒店「伊勢元」の跡地に
      開設しました。 「資料展示」「情報交流」の場です。ボランティアの人がいろいろ説明して下さって
      是非立寄って見るべきところです。

      文学サロンの企画展示  太宰治の “愛の言葉”      の内 

      笑われて、笑われて、強くなる。       「human lost」 昭和12年

     不思議なもので、大きい苦しみのつぎには、きっと大きいたのしみが来ます。
                                               「虚構の春」 昭和11年

     人に「愛される資格」が無くっても、人を「愛する資格」は、永遠に残されている筈であります。
                                               「ろまん灯籠」 昭和15年

                                                                
     どのようにぶざまな言葉でも、せつないこころがこもっておれば、きっとひとを打つひびきが出るものだ。
                                                    「逆行」昭和10年


      


プーシキン美術館展(東京都美術館)

2018-06-16 15:49:00 | 美術館

2018年6月12日東京都美術館へ「プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画」展を
      見に行ってきました。     ~7月8日まで。

     プーシキン美術館(ロシア・モスクワ)からは、三度目の来日ですが、今回は17世紀
     ~20世紀初頭のフランス風景画が65点展示されています。

     
      今日は何の日? 「シャンシャンの1歳の誕生日」なんですよ。上野の森は、大盛り上がり。
           
      
      
      案内板代わりの広告          美術館ロビーの広告 クロード・モネの「草上の昼食」 
      モネの《草上の昼食》 1866年 この作品は初めての来日。今回の大目玉。
      印象派の誕生前、26歳の若きモネの魅力あふれる作品です。    

      
      赤い建物は、都美術館   サルスベリ(百日紅)
      

      
      ポール・セザンヌ 《サント=ヴィクトワール山、レ・ローヴからの眺め》 1910年
      
      南仏・プロバンスを旅したとき、セザンヌのアトリエを見学し、そこから歩いて15分ほどの
      レ・ローヴの高台へ行きました。目の前にヴィクトワール山が開けて見えたのは感激でした。

      
      アンリ・ルソー《馬を襲うジャガー》1910年                      写真はHPより
      ジャングルどころか、フランスを出たこともないルソーが想像力で描くんでしょうか?
      今回も一番人気で、2階出口の写真撮影コーナーは行列ができていました。

      ロシアの2人のコレクター、セルゲイ・シチューキンとイワン・モロゾフが20世紀初頭に収集した
            コレクションなのです。お金とセンスとエネルギーが溢れていたんでしょうね。


     「プーシキン美術館展ー旅するフランス風景画」 「至上の印象派展  ビュールレ・コレクション」
      ともに、印象派が見られて、満足でした。


      

      


      


      


鎌倉散策・浄妙寺あたり

2018-06-15 13:43:42 | 散策

2018年6月15日鎌倉へ行ってきました。
      最高気温24℃、曇り、湿度が低い…。これは鎌倉散策向きだと思って、
      映画を予定していたのに、急に方向を変えて出かけることにしました。

      今、鎌倉で行って見たかったのは、浄妙寺あたりの「一条恵観山荘」です。
     
      鎌倉駅⇒田楽辻子⇒報国寺⇒旧華頂宮邸⇒一条恵観山荘⇒浄妙寺

      鎌倉駅からバスで「杉本観音」まで行き、滑川を渡って、田楽辻子(でんがくずし)の
      みちを歩いて行くと、報国寺の参道へ着きました。

       

      報国寺     竹の庭がうつくしい 鎌倉公方終焉の地   

      
       境内は掃除が行き届いていて、小さ目ですがうつくしいお寺。
      
      
      孟宗竹が1000本。昼なお暗いなかに石仏や五輪塔が祀られている。
      
       足利義時・義久の墓といわれるやぐら。

      旧華頂宮邸    フランス式庭園がある戦前の洋館

      
      普段は後ろの庭園を公開。邸内は4月と10月に2日づつ公開される。今、バラとアジサイが見ごろ。

      一条恵観山荘     国指定 重要文化財

       一条恵観山荘は、京都・西加茂から鎌倉浄明寺に移築されて、広さは小さくなってしまったようですが、
     滑川と対岸の衣張山を借景にして水辺の田舎屋風の風情を満喫できます。築400年ほどの建物の
     ようです。昨年の6月に一般公開されて、お茶の会などの行事もあるようなので、訪ねてみては
     いかがですか?

     金沢街道沿い、浄明寺バス停から歩いて2分 。        

      
      
      
      茶席「時雨」の円窓 (茶席運営時のみ拝見できます)

      浄妙寺  鎌倉五山の第五位の禅寺

      

      
      手入れが美しい境内  大きな屋根の本堂    四季折々の花が咲く。
      
      浄妙寺境内奥の高台に「カフェレストラン・石窯ガーデンテラス」があって、以前に3回行きましたが、
      石窯やきのパンにイタリアンがおいしかったです。お庭は、イギリス人のガーデナーがデザインしたと
      聞いていました。浄妙寺本堂から、かなりの坂道を登るので、今回は、スルーして、喜泉庵で抹茶を
      頂いて、八幡神社経由小町通りをぶらぶらしながら、早めに帰りました。