花歩る木

山と旅がすきです

GoTo 都内・小平市

2020-08-03 14:36:07 | 散策

2020年8月1日小平市の平櫛田中(でんちゅう)美術館へいってきました。
     歩いて行ける所ですが、同行者がひざが痛いというものですから、電車、バスを利用しました。

     
     平櫛田中は、晩年(98歳~107歳)を小平で過ごし、ここのアトリエで制作していました。
           
     代表作「鏡獅子」が美術館の看板になっています。
     館内の地下にその制作過程が紹介されています。モデルの六代目尾上菊五郎に
     裸でポーズをとってもらう写真、筋肉の付き方を忠実に再現するためだそうです。
     試作を重ね20数年の歳月をかけて昭和33年に完成されたそうです。
     今、国立劇場のロビーで見られます。

           

                              
     記念館前庭に田中(でんちゅう)が100歳の時に作品制作用に購入した
     クスノキがあります。30年分はあるそうですが、大変なバイタリティーですね。
     「いまやらねばいつできる わしがやらねばたれがやる」の書があります。
     

     
     小平市の丸ポスト保有数は、都内の自治体ナンバーワンの37本!だって。

     
     津田塾大学正門  
     設立者の津田梅子は、紙幣刷新で5000円札に、時々お目にかかれますように。

     小平グリーンロード

     

     
     
     玉川上水  羽村を起点に四谷まで続き、かっては江戸の街に水を供給
     してきました。小平グリーンロードは、そのうちの約8キロの区間です。
     「美しい日本の歩きたくなる道‣500選に選ばれています。
     水と緑とさわやかな風の散歩道でした。

     

     

        


GoTo都内・丸の内~日比谷公園

2020-07-20 20:41:29 | ウオーキング

2020年7月20日梅雨の晴れ間は貴重です。簡単に出かけられる日比谷公園へ
     行くことにしました。まず、東京駅の丸の内北口を出て右手に「丸の内オアゾ」
     というビルがあり、ピカソの「ゲルニカ」が飾られてある・・・という情報を
     大切に持っていましたので、探してみることにしました。
     
     「あった!!」広いビルの中を散々探してあきらめかけた時、モノトーンの絵が
     目に飛び込んできたのです。
     7年前、北スペインを旅した時、ゲルニカの公園に『「ゲルニカ」をゲルニカに』 
     という街のスローガンを見ました。本物は今マドリッドのソフィア王妃芸術センターに
     ありますが、徳島の大塚美術館(陶板名画美術館)でもあり、4年前に見てきました。
     
     オアゾで見た作品もピカソの令息クロード氏の承諾を得て、実寸大かつ忠実に
     再現されたセラミックによる複製作品・・・です。

     丸の内仲通り  スマートなストリート、パリかと思っちゃうヮ

     
     
     並木の木陰で十分涼しかったのに、霧が吹き出てきました。

     
     仲通りは彫刻の通り。 草間弥生の 「われは南瓜 2013」
     
     日比谷公園

     
     日比谷見付跡の石垣   有楽門を入ってすぐ左手にあるこの石垣は
     江戸城警護のための城門の一つ。

     
     
     現在の公園の地図(上) 117年前の本多清六博士(1866~1952)の設計図(下)
      
     日本人の手で初めて作られた西洋庭園は、3つの❝洋❞、西洋の花、洋楽、
     洋食・・をコンセプトにしたそうです。松本楼でカレーを頂きました。

     

     
     首賭けイチョウ  推定樹齢400~500年、幹回りは7m。
     もともとは、日比谷交差点あたりにあって、明治32年頃、本多静六・林学博士(1866~
     1952)の進言により移植されました。 移植不能とされていたものを、博士が
     「自分の首に賭けても移植させる」と言って実行された木なんだとか。
     日比谷公園のシンボルとして親しまれています。

          
             雲形池のそばのユリ園の満開に出会いました   今日の大ラッキー!!
             
             
     多分7月の初め頃から見ごろだったんでしょう。思いがけない出会い。

     雲形池

     
     鶴の噴水 2月頃鶴の像につららが下がる景色は冬の風物詩となっているそう。

     117年前に作られた公園が今も、どんな人でも、いつでも(8つの門が
     閉じられたことはない)、楽しめる都会のオアシスでした。
     


生田緑地(神奈川県川崎市)山歩き

2020-07-01 11:00:42 | 山歩き

2020年6月29日緊急事態宣言が解除され、県をまたいで移動してもいい状況に
      なりましたので、先週、ご近所友達がフェースブックで紹介していた
     「生田緑地」へ多摩川を超えて、行ってみることにしました。
      
      
      小田急線・向ケ丘遊園駅から歩いて20分ほど。生田緑地・東口入口です。
      「日本民家園」がありますが今日はお休みでした。

      
      枡形山の広場まで180段の緩い階段を上ります。
      
      桝形山の展望台です。驚いたことに、エレベーターで昇れます。
      
      展望台からは、富士、丹沢、秩父方面まで一望することができるそうで
      ・・・この日は曇っていました。
      枡形山には、枡形城という鎌倉時代の山城があり、鎌倉防衛の重要な
      拠点だった・・・とか。

      
      
      アジサイ山のアジサイはギリギリ彩を見せてくれました。

      川崎市岡本太郎美術館

       
      岡本太郎美術館の庭 「母の塔」                              道路の標識パネル
      休館日のため、入館できませんでした。

      生田緑地は、多摩丘陵の一角に位置する川崎市内最大の緑の宝庫でした。
      園路には、多数の登坂、下り坂、階段が多く、里山の自然を生かした公園
      でした。大変広くて、ほんの一部しかみていない感じ。紅葉の頃に是非
      もう一度行きたい所です。 

      山好きおばさま、良いところを教えてくださいました。感謝します。  


西洋美術館に入場できなかった日

2020-06-27 11:21:48 | 美術館

2020年6月19日西洋美術館のコロナ閉鎖がとけて、「ナショナルギャラリー展」が
      やっと見られるようになりました。前売り券をもっている人は優先で
      6月18日から3日間入場できるそうで、2日目に出かけました。
      10時に着いたのに長い行列。入場制限のための時間指定券をもらう列でした。
      4~50分列にいたが、時間が午後1時ごろ、と聞いて、しびれをきらしました。
      
      
      
      国立博物館   へ やってきました。ここも1階だけの開催です。

       
      重文  文殊菩薩騎獅像     奈良興福寺伝来
       
      「富士」        横山大観
      
      「森の仙人」  平櫛田中   木造 大正6年
        インドの聖者が「森の書」を熟読する姿をあらわしているのだそうです。
        平櫛田中の美術館、お住まいは、私宅から歩ける範囲にありますので、
        親しみ深く感じています。

      国立近代美術館   へ 行きました。3日前に来ましたが今度は常設展へ。

      
      4階に「眺めの良い部屋」があります。皇居が眺められて、ちょっと
      一休みできる素敵なスポットです。

      
      左:「浴女」小倉遊亀
        作者の関心は、タイル張りの湯船に温泉がゆらめいて、縦横の格子
        模様がユラユラとひしゃげる様子にあったのだ、、、そう。
      右:「第22回アンデパンダン展」に参加する芸術たちを導く自由の女神」
        アンリ・ルソー   日本国内でもルソーの絵は少ないので、この
        美術館で見られるのは、うれしい。

      
      左:荻原守衛(碌山)「女」 絶作 30歳で帰らぬ人
        モデルは別にいたが、その姿は相馬黒光を思わせるといわれる。
        新宿中村屋の女主人・相馬黒光(1876~1955)をひそかに慕っていた
        と、伝えられています。 私は、中村屋の地下でカレーを食べ、
        3かいの美術館を回ってみるのが新宿の楽しみです。
      右:モジュロール
        ル・コルビジェの造語で、建築の寸法を決める際に人体のサイズを
        基準とするルール。天井の高さは身長183センチという人体(西洋男性)
        を標準とし、その手を伸ばした高さ(226センチ)に設定された。
        基準の人形。

      
        



         


細川庭園(文京区)、東御苑(千代田区)のハナショウブ巡り

2020-06-21 15:43:12 | 植物 花

2020年6月16日細川庭園から東御苑を巡ってハナショウブを見てきました。

      新宿→細川庭園→大隈公園→早大学食(ランチ)→大手門・三の丸尚蔵館
      →二の丸・東御苑公園→国立近代美術館→家へ帰る
     
      細川庭園

      
      旧熊本藩主・細川家の屋敷跡にある庭園で、今、肥後花菖蒲が咲いています。
      この花は、江戸時代から品種改良を重ねた熊本ゆかりの花で、花弁が大きいのが
      特徴だとか。園内には約30品種が植えられているそうです。
      
      
      
                     
      大隈公園の花菖蒲

      
                    この公園の花の盛りは終わっていました
      三の丸尚蔵館

           
      「皐月、水無月、文月 夏めく日本」   江戸時代の絵「朝顔と子犬」
                今の美術館が小さいので隣に新しいのを建設中でした。

      二の丸庭園

      
      二の丸雑木林は、コナラ、クヌギ、など落葉樹の林が保たれ、チゴユリ
      キンラン,ギンランなど花を咲かせる植物がみられます。

      
            
      6月2日にコロナ閉鎖から再開されました。
      この花菖蒲は、まだ公園を造成中の1966年、明治神宮から株分けされた
      ものだそうで、84品種が回遊式の庭園に植えられています。
      係の人が「毎日のように花柄を摘み、大切に育てている」んですって。
      
                ヒメコウホネ   この他、アサザ、ヒツジグサなどが咲いていました。

      国立近代美術館  ピーター・ドイグ展

      イギリス・スコットランド生まれの「画家の中の画家」といわれる
      現代アーティストの日本初個展だというのでみてきました。

       
      
      ロマンティック、かつミステリヤス・・・だそうですが、わからん??
      世界で最も重要なアーティストの一人・・・といわれても、わからん??    
      20~40歳ぐらいの若い人が沢山来ていました。

      今年の菖蒲は、ぎりぎり間に合って、堪能できましたのは、ホッ 
      

      


明治神宮散策

2020-06-07 15:28:34 | 植物 花

2020年6月6日明治神宮で、今、散策できるところがあるようなので、緊急事態宣言
      が解除された折柄、ハナショウブとスイレンの花を見に行って来ました。

      
      小田急線の参宮橋で降りて、西門(参宮橋口)から入りました。

      
       
      境内の北エリアには、宝物殿や広大な広場があります。
      以前、植物観察に来たことがあり,皆さんも是非神社参拝の後に
      歩いてみてはいかが・・・かと思います。

      
      ご社殿 明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、2020年は、鎮座
      100年という記念すべき年を迎えました。11/1~3日間お祭りがあるようです。

      
      この2本の楠は大正9年のご鎮座当時に献木され、大樹に育ったご神木です。
      縁結び、夫婦円満、家内安全の象徴になっているそうです。

                      明治神宮御苑

      
      まだ工事中のところが多いようで、今回は北門からの入場でした。
      隔雲亭の後ろから出入りしました。

      
      
      
      隔雲亭の横から、南池がすぐに見渡せ、白いハスが出迎えてくれました。
   
      花菖蒲田 南池の小道を奥へ進むとハナショウブ田が曲線を描いていて、
      もっと奥、清正の井(今は通れません)まで続いています。

      
      
      
      
      心持ち例年より花数が少ないように感じましたが、今が旬の咲き具合。
      御苑は、明治天皇が皇后のご体調をきずかわれ、自ら設計された庭園です。

      明治神宮ミュージアム
      御祭神ゆかりの馬車や調度品等、永久保存するための博物館。神道文化に
      ついての常設展示室、多目的スペースが整っているそうです。
      隈研吾さん設計で、昨年10月に開館しましたが、残念ながら、
      当面の間、臨時休業でした。

      
      
      正門は、ガラス張りでエントランスの様子が全部映っているのです。
      「白い鹿」は、「神宮の杜芸術祝祭」の作品の1つです。
     
      原宿駅(西口)

      
      新しい原宿駅の西口から、神宮は隣り合わせ、簡単に通じていました。

      「永遠の杜」を目指して100年前の先人たちが描いたグランドデザインは、
      全国からの献木と奉仕団の力を集め、社殿を包む杜となって大都会の
      オアシスを今に伝えてくれました。今年は、これからの100年に
      バトンタッチするのですね。 

      

      

               


近場の散歩 善福寺公園

2020-05-25 16:05:50 | 植物 花

2020年5月24日市の東の境(杉並区)に東京女子大学があります。
       そのちょっと北に善福寺公園がありますので歩いてきました。

       
       東京女子大学正門から   東京女子大学通りのバス停をおりるとすぐ。
       緑の芝生に映える本館。キャンパスはすべて白亜に揃えられていて
       女子のクリスチャンスクールの格調と品格が感じられました。

       善福寺公園・池    
 
        
       東京女子大から歩いて10分ほど.閑静な住宅街を通り抜けると
       鬱蒼と樹林に囲まれた池(下の池)が現れました。

       ラクウショウ(落羽松) 感じは、メタセコイアににています。
       
         
       ラクウショウの葉っぱ    園内の注意書き 

       上の池
       
       上の池は広いのでボート遊びができますが、まだ今はお休み中。
       
       上の池、下の池を合わせて約37,000㎡あるそうで、公園全体の47%を占めています。 
       
       遅の井の滝 今から800年の昔、源頼朝が奥州征伐の途中、この地で
       飲料水を求め地面を掘ること七度、水の出を「今や遅し」と待ったことから
       「遅の井」と命名された・・・そうです。

        
       ヤマボウシ            ノハナショウブ
      
       下の池  昭和10年代に善福寺川を堰き止めて作った人工池です。

       
       親水施設 という水遊びができる小川が流れています。

       
       
       
       
       睡蓮が緑一色の中に色どりを添えています。朝早くの方がきれいなんだ
       そうです。    この角度が一番いいスポットだと近くにいた人が
       教えてくれました。

       今回は初めてバスに乗りました。             


近場の散歩 小金井公園のユリノキ

2020-05-18 14:15:49 | 植物 花

2020年5月17日小金井公園のユリノキを見に行って来ました。

       
      途中に咲いていた花  ブラシノキ           ガマズミ

      古瀬公園 を、通り抜けました。
      
      
      
      ここはもと、私がパソコンを教えて頂いた方のお祖父さん、お祖母さんの
      別荘だったところを市に寄付なさったものと聞いています。
      建物の内部はお茶室になっていて、お庭もきれいな日本庭園。
      市のお茶会が開かれることがあります。
  
      亜細亜大学    

      
      キショウブ 帰化植物だそうで、菖蒲湯に使うシヨウブとは別のもの。
      
      亜細亜大学の一部です。

      小金井公園
      
      
      
      
      2週間ほど前に来た時には、花をはっきり見られなかったのですが、
      今度はたくさん見られました。何しろ 葉っぱと同じ色。高い木の
      上の方に上を向いて咲いているので、難しいのです。
      枝が垂れた木が1本だけあって、写真を撮らせてくれました。

      ユリノキ: チューリップツリー、ハンテンボク(半纏木)とも言われますが
      明治時代に北米から入ってきたものだそうです。
     
     
      

      

           


近場の散歩 ワークマンまで

2020-05-15 09:09:38 | ウオーキング

2020年5月14日  テレビの「ガイヤの夜明け」という番組で、「ワ-クマン」という
      お店を取り上げていました。知ってる!丁度いい距離!行ってみよう!

      
      カルミヤ(アメリカシャクナゲ)     シャクナゲが終わった後の花。

      中島飛行機エンジン工場へ資材を運ぶ引っ込み線があった所が、今
      グリンパーク遊歩道になっています。

      
      この道を、毎朝お掃除してくださるおじさんが(もう25年くらい)
      いらっしゃるんです。朝早く通ると声掛けしてくださいます。

      
      途中左手に、公園になっているこの地は、高射砲陣地のあった所で
      B29に空襲され民間人も数人犠牲になった所だそうです。

      
      途中の公園では、親子ずれが沢山夕方を楽しんでいました。
      
      栗林のぐるりに シラン の花が満開

      
      ゆっくり歩いて30分ほど。お店は、3年ほど前にできたらしいですが、
      入るのは初めて。5時過ぎでしたが、お客はちらほら。密の心配は全く
      なかったです。テレワーク中の娘は、家用のパンツを2本買い、私は
      靴下を2足買いました。お値段は安い設定でした。
      


近場の散歩 成蹊学園

2020-05-12 13:56:20 | ウオーキング

2020年5月10日家から北の方に遊歩道をつないで成蹊学園まで歩いてきました。

      
      成蹊大学の正門です。
      
      正門を左に折れるとケヤキ並木が通っています。
      多分ここは(テレビで見たことがあるすばらしい)図書館だと思います。
      
      
      このケヤキ並木は、「残したい日本の音風景100選」に選ばれています。
      
      ケヤキ並木終点は、中学・高校と広大なグランドです。

      
      帰り道、花好きの人たちが週1回手入れをしているお花畑を見せてもらいました。
      バラが今一番盛り。ジャーマンアイリスも色鮮やか。和やかなコミニティ
      なんでしょうね。

      成蹊まで、往復で2時間かかりました。二人の娘が小学校から高校まで
      通った学校です。 私は、自転車でPTAに通った道でした。