見出し画像

京都ぶらり女の1人旅

京都 北野天満宮 余香祭


御祭神菅原道真公が右大臣のとき、清涼殿の重陽の宴に召され詩を詠まれ、御衣を賜ったことを、一年後大宰府で追想して詩を作られた旧儀による。



菅原道真公は、右大臣の位にあった昌泰3年(900年)9月醍醐天皇より清涼殿に於ける「重陽の宴」に召され詩を詠まれた。


帝は菅公の詩にいたく感銘され、着衣を授けられた。


一年後配流地の大宰府でその栄華を追想され、有名な「去年の今夜」にはじまる[重陽後一日]の詩篇を作られたのに因み、大正8年10月29日(往時の9月9日を新暦に換算)に、久しく絶えていた旧儀を余香祭と名付け再興し、以後毎年10月29日に行うようになる。


毎年兼題を決めて全国より集まる数百首の献詠を濱崎加奈子氏の選により、京都在住の旧堂上方現在は「向陽会」の人々によって綾小路流にて献詠歌披講式を行う。


当日のお供えものには黄菊・白菊を飾り、祭員・奉仕者もみな冠に小菊をかざして奉仕します。


なおこの行事は、毎年正月宮中で行われる「歌会始め」の御式(冷泉流)とだいたい同様であります。






■場 所: 北野天満宮


■期 間:10/29(※毎年同じ日程です)


■時 間: 14時~(約50分間)

■アクセス: 市バス50「北野天満宮前」

■お問合せ: 075-461-0005

■詳細ページ: http://kitanotenmangu.or.jp/


※主催者の都合により、予定・内容が変更される場合がありますので事前にご確認お願いいたします。














京都の古都ならhttp://www.e-kyoto.net/


京都ぶらり女の1人旅
京都四季折々・祭り その他

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「京都旅行」カテゴリーもっと見る