らー麺村咲@大津市松原町:煮干ラーメン(並)&煮干白湯ラーメン(並)

もう新店ハンター的活動は積極的に行う意思が内容のことを、先日書いたが、行って期待できそうなお店であれはハナシは別。ということで、SNSのお仲間さんから、近頃気になる情報が上がってくるお店に、この日初訪。お店駐車場はあるそうだが、近くのスーパーマーケットの駐車場が土日は一時間無料で、どのみちそのスーパーで買物もするのでソコにクルマを駐めて、ちょっと歩いて赴いた。行けばそこは、まったくの住宅街。二階部 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

セアブラノ神 壬生本店@壬生相合町:6月限定 セセリと九条ネギの塩つけ麺〆ご飯付き

毎年この時期になるとこのお店の界隈での野暮用がある。で、そのついでに寄る。今年もそのパターン。このお店の創業主は2022年1月に札幌に移住してしまったことを承知で、その後どうなっているかを確かめて見るべく、寄る。店先にはレギュラーメニューが写真付きで紹介されている。また、月替り限定のメニューも掲示されている。そんなだから、つい、限定メニューが気になってくる。で、タッチパネル式券売機。眼は「限定」の . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

しゃかりきmurasaki@京都タワーサンド:座

この日、京都駅付近で業務の合間に寄る。この界隈、ラーメン店の選択肢は多いが、ちょっと久々に足が向かったのがココだった。で、ふと「九条ネギまぜそば」が気になって、一旦注文しようとしたのだが、お店の人に「醤油が強いから、オススメしません」という意味のアドバイスをなぜか頂いたので、それならば、と、定番の「座」を注文することにした。で、フードコートの呼び出しベルを受け取る。出来ればお店のカウンター席で食べ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ラーメン名門守山店@守山市吉身:こってりスタミナスープ特製ラーメン&焼きめし

毎年のことだが、五月と六月は本来休みの日に仕事が食い込むことが多くなり、休日の麺遊びを楽しみに行く機会が少なくなりがちになる。が、この日は幸い、ちゃんとした休み。そこでこの機会に、最近野洲?(守山?)にオープンしたという「其先」に向かうことにしたのだが…。ここしばらくラーメンそのものが久しぶりこともあって、道中で何だか急に名門のこってりが無性に食べたくなり、突如、行先をこちらへ変更す . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

煮干し中華そば加藤@山科区東野百拍子町:限定ホワイトまぼちゅ〜&限定冷やし煮干しまぜそば追いメシ付き

2021年3月に山科区東野百拍子町にオープンして以降、当ブログにおいては最もレビュー数が多いのはこのお店かもしれない。今回ですでに10回目の記事となる。つまり、それだけリピートしているということだ。場所柄、通いやすいっていうのもあると思うけど。この日、限定麺は二種。それなのに本日、ワンオペ営業。今や地元の固定客をすっかり取り込んでいるようで、この日開店時刻丁度に訪れたところ、早々に店内満席となり、 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

麺屋下心@香芝市下田西:鳥白中麺&鳥白湯麺

もうね。下心全開でシャッター&ポールしたんです。土日は店休日、っていうお店なら世間によくあるところだが、このお店、土日のみ営業しているらしい。で、 創業してからかれこれ7年程度になるのかな?開店時刻直前。ノレンはまだ扉の向こう。蠢く下心。そして開店。案内されたカウンター席の眼前には今揚がったばかりの鶏の唐揚げが。メニューを眺め、しばし迷う。コーチンベースか、合鴨+コーチンか、白ダレか、本ダレか。で . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中華そば 一番星@左京区岡崎北御所町:中華そば(並)&ごはん(小)

この日、付近で業務。ひと仕事終えて、ちょっとホッコリとした気持ちでまだ五月だというのに真夏がいきなりやってきたみたいな強い陽射しの中、久しぶりに訪れてみた。思い返せば、四年ぶりになる。ということは、「この付近での業務」も、長い間コロナに振り回させて予定変更を余儀なくされ続けてきた訳だ。カウンター席はあいにく満席で、今回初めてテーブル席に通していただいたが、テーブル席からだと壁に掲示してあるメニュー . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

石山飯店@大津市粟津町:やきめし飯類セット(ミニ醤油らーめん)&塩らーめん

この日、二週間ぶりにソトメシに赴く。最近、自分の生活圏に新規オープンしたお店は数あまたあるが、自分はと云えば、近頃なんだか新店ハンターへの意欲が少なくなってしまっている。その理由は簡単で、期待値を上回るようなお店に出会うことが殆どないからだ。尤も、私のようなロートルラヲタの新鮮味のないブログ記事なんかより、新しく出来たお店を積極的に狙って訪れる若いYouTuberさんらの動画のほうが、新着情報的に . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らあめん飛瀧@中京区大文字町:鶏と豚と貝ありがとう(自家製白麺)

この日、付近にて終日業務。昼休みは一時間。久しく訪れていない「ラーメン大栄」に向かってみるも、なんと臨時休業中。だったらコッチとすぐさま方針転換し訪れた。この日、特に限定メニューのようなものは無かった。「魚介のおかげ」は昨年8月の初訪時にいただいていたので、今回は鶏豚白湯の「鶏と豚と貝ありがとう」を塩で、麺は自家製白麺(ナンジャソリャ)を選択。白麺は、「ぱいめん」と呼ぶのだそうな。かん水を使用しな . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コウゲ@彦根市城町:ハンバーグ定食

このところ、本来なら大型連休であるとことの合間に業務がちょくちょく入っていたので、この日は逆に休みをもらって、実は5月29日を持って閉店するという彦根の超安旨な洋食店「スイス」に向かった。しかし、同じことを考えている人はたくさんいたらしく、「スイス」現地に行ってみればゆうに2時間以上の外待ちが想像されるほど、下手すりゃ時間切れか売り切れかで閉店になりはしないかと思えるほどの混雑ぶりだったため、サス . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

comorebi RANEN HOUSE@ 西洞院綾小路:GW特別営業限定味噌カレーらーめん〆ごはん付き

世の中は大型連休の後半ながら、相変わらずの飛び石勤務でこの日も午前中は職場で業務。で、午後からバイクで西洞院綾小路に向かう。もちろん、連休中の京都市内、クルマで下手に入れば渋滞による大幅時間ロスを想定してのこと。各日とも50食限定という情報があったが、幸い、この日の狙いは売り切れてはおらず、無事ありつけることとなった。ヨカッタ。実はコチラに向かうのは今回でまだ二度目。なのに限定メニューってちょっと . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

らーめんみふく@大津駅前商店街:限定豚骨醤油麺

世の中的には大型連休の真っ只中。こういう時期、下手に動いて、とんでもない渋滞に貴重な休日の時間を浪費してしまう羽目になるのは避けたいところ。こういう時は、近場でドンだ。で、自分としては珍しく電車で移動。ところが湖西線では大津京〜山科間で突如枕木から発火発煙が起こった影響で琵琶湖線も大幅遅延。大津市内のラーメン屋さん自体がかなり久しぶりだったこともあって、久々にモリンとこに行こうかとも思ったが、なん . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

煮干し中華そば加藤@山科区東野百拍子町:幻の中華そば(まぼちゅ〜)&ひと口ごはん

この日の煮干し中華そば加藤、限定メニューに「焼き海老のコク塩そば」をやるらしく、ソレが気になっていて、午前の業務を終えてすぐにお店に向かったのだが…時すでに遅しだった。ああ残念。そんな、残念がる私に向かって店主ロバートは「スーブの入ってた鍋の匂いだけでも嗅がしたろかぁ?」と、イタズラッぽく言うけど、ニホヒだけではむなしすぎるのでヤメておいた。というわけで、こういう時なればこその「まぼ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自家製おうどん三拍子@近江八幡市江頭町:牛すじと揚げ餅のうどん&天丼定食ぶっかけ冷

2月・3月と立て続けに香川に向かい、二泊三日で讃岐うどんを食べまくりに行って以来、そう云えばお店のうどんを食べにいっていない。そこでこの日は久しぶりにうどんのクチになったので、これまた久しぶりに近江八幡の三拍子に向かう。大きなメニュー表が掲げてあるので、券売機に進む前に一旦ココでなにを注文するかを検討することが出来るようになっている…。が、正直、何をいただくか、迷いに迷ってしまう。今 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

六三亭@伏見区小栗栖牛ヶ淵町:味玉中華そば&ライス小

恥ずかしい話。私、人生の前半半分は山科区民で、伏見区小栗栖あたりも高校時代のころからはしょっちゅうウロついていたもんだが、こんなお店があったことさえ知らないでいた。…というのは、かつて洋食店として営まれていた六三亭のこと。このたび、長年営まれてきた洋食店としての六三亭は閉店され、新たにラーメン店としてリニューアルオープンとなる、との情報から、初めて「六三亭」の存在を知ったという顛末。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ