ラーメンモリン@滋賀県庁前:2019お正月メニュー 鯛ラーメン

今や我らのホームグラウンドなモリンとこ。今年は2日から昼営業を始めるという。ならば、行かねばなるまいて。

2019年1月 お正月メニューは、お正月らしく「鯛ラーメン」と「モチ次朗」。

「モチ次朗」の方は、その内容や命名意図は概ね読み取ることができるので、「鯛ラーメン」を選択。

鯛の煮干しでとった出汁に鯛の油分を加えて、醤油ダレで味を整えて...と、陸上動物系素材を一切加えず仕上げたもの。鯛の煮干しには一般的なカタクチ煮干しやサンマ煮干しやトビウオ煮干し(=アゴと呼ばれるアレ)とはまたちがう、鯛特有の「むわっ」とした香りと風味があるが、それをうまく昇華させた感じ。こういうのって、材料の加熱してダシ取りする時の、火加減とか鍋の中の対流具合とか、その時その時に漂ってくる香りとか、ちょくちょく味見してチェックする出汁の出具合とか、とにかく、スープ材を作っている間にどれだけ寄り添ってモニターしながら火加減等々あれこれを細かに調整していかないと、作り手の思うような方向性にはなってくれないものだと思うのだが、どうだろう。そういう仕事を経た結果、今回の年始限定は完成したのだと思う。モリンは内情を教えてくれた。年末年始のこの時期、レギュラーで使っている豚骨等の動物系素材の流通は止まってしまうためにレギュラーメニューの提供も難しい。そこで、あらかじめ早い時期に鯛の煮干しを仕入れておいて、今回の営業に備えたそうだ。(しかし一方で鯛の煮干しは流通が安定しにくいそうで、あるお店については、鯛煮干しを使うレギュラーメニューを断念せざるを得ない状況を余儀なくされた場面を過去に見たこともあった。「鯛の煮干し」をレギュラーメニューにあげるラーメン店がまず見当たらないことが、その証左といっても良いように思う。)
そんなモリンの正月限定、この日のお店では、一切語ることなく、実はそんなことを思っていただいていた。今年もどうぞ、多くのお客を楽しませていただきたい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« お出汁と小麦 ... Abats奥村@松... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。