うどん馳走 山石土平@長浜市公園町:カレーつけ麺

今回、「あのうどん屋に、一度行ってみたい」と同行者からリクエスト。ワタシ自身はかつて一度、暑い日にバイクで訪れたことがある(このブログにはサボっていてその日のことを書いていないようだ)。
それにしても、「山石土平」とは、何か?先日訪れた草津市の「天ぷらとうどんの りんかい」の「りんかい」も、聞けばアハハな店名の由来だったが、ココ山石土平も、聞けば「あー、そういうこと!」な由来である。まぁ今の世の中、ネットをちょっと調べてみればすぐわかるようなものだが、ココでネタバレは面白くないだろうから、一旦伏せておきましょう。
外のウエイティングシートに記名後、しばし待ってカウンター席に通していただく。とりあえず、単品メニューから観察。
月限定のメニューってのもある。キニナルね〜。
そして、毎週金曜日はカレーうどんの日ということで、海上自衛隊の金曜カレーとは関係ないとは思うが、とにかく、金曜はカレーなのだそうな。で、この日は土曜日。「金曜日に残った場合は、土曜日に提供します。」とあるのでたずねてみたら、この日は「ある」とのことだったので、ワタシはカレーのメニューから「牛すじカレー」を「つけ麺」で、かつ大盛りで注文することにした。同行者らは何を注文したんだっけ???(忘れてしもうたアハハ)
茹で時間およそ10分は待つ。ちゃんとしたうどんを味わうために、必要な時間であろう。そして出来上がってきた。カレーうどんには、紙エプロンがもれなく付いて来る細やかな配慮に感謝。
「つけ麺」を選択すれば、「冷や」の状態の麺だけを、まずは純粋に味わいことが出来る。それなりに太さのある、もっちりとしながらビシッとコシの決まったうどん。いいねぇ。来た甲斐あるねぇ。
つけ汁の方は、文字通り、カレー。画像から判明できぬが、中には牛スジ肉がタップシ。「みくりやうどん」のカレーうどんみたいに、食べ進むうちにデフォルトで汗が吹き出してくるような強い辛さはなく、まあ、程々の辛味。辛いのがよければ1辛〜3辛またはソレ以上のリクエストも出来るよう、メニューに書いてあるので、辛いモン好きへの対応に抜かりはないだろう。また、数量限定ながら甘口もある様子。ところで、カレーうどんの用のカレーって、お店によってはカレーにカツオ出汁の風味を相当に含ませることもあるが、このお店の場合、そうした海系和風テイストを明確に押し出す作りでなく、「カレーはカレー」という感じ。それでいてきちんとした旨味はバッチシ。

そんなわけで、大盛りで頼んだ麺は、瞬殺。
残ったカレーのつけ汁は、ひと口ご飯を追加注文し、カレーライスとして〆ることにした。ゴチソウサマ。

うどん馳走 山石土平うどん / 長浜駅
昼総合点★★★★ 4.5

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ラーメンモリ... 屋台ラーメン ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。