らーめん福三:「明日に向かって走れ!」

昼、家族で福三へ。
本日は「明日に向かって走れ!」と呪文を唱える。
休日の昼はお客が多かったが、お客の足が途切れた短い間に話をきくと、大将、こないだ一乗寺の「夢を語れ」に行って食べてきたらしい。それで「二郎」的な味わいを遊び半分で作ってみたのがコレだそうな。つまり、これは福三流「夢を語れ」のパロディである。
注文してから出来上がり近くなって、大将は「野菜はどうする?」「ニンニクは?」と訊いてくれるのもあのお店流。
で、「ヤサイフツウニンニクイレテ」の呪文を追加した。(二郎のしきたりとはチョト違うのかもしれないが。)ちなみに『ヤサイマシマシ』とかも対応可とのことだった。
さて、その味は....。
厚めにスライスしたチャーシュー、サッと湯がいたキャベツ、モヤシに福三のしっかり出汁ベースに濃いめのタレ+生ニンニクで、下品な味がガッツゥ~ンと来る。一口食べて、思わず笑ってしまった。確かにこりゃ「夢を語れ」だわ。そして、下品でキツい味とはいえ出汁がしっかりしていて、バランス的な破綻はない。が、今までの福三にはなかった逸脱した強烈さが面白い。(ちなみにそれでも無化調だそうな。)

麺にはつけ麺用平打ち麺を使っているとのこと。これもなかなか「夢」の麺の、あのワシワシボソボソな食感に似た感じがある。
この「明日に向かって走れ!」は「おしながき」には載ってない、いわゆる裏メニューだが、材料があれば作ってくれるとのこと。
ちなみに値段は750円。通常の福三のラーメンとはかなり異質というか突拍子もないというか、とにかくフツーの福三のラーメンとは全然違うので,初めて福三を訪れる方にはオススメしない。それと、ニンニク入りを食べた後には、そのニオイ相応に自分のまわりから人が離れていく(?)ことを覚悟すること。
ところで、当の「夢を語れ」の大将も、先日この「明日に向かって走れ!」を食べにきてたそうな。
思うに「夢を語れ」は、その強烈なスタイルに賛否両論があるが、京都のラーメンを活性化させる貴重な存在であることは確実なようだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
« スーパーで売... スガキヤの「... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「福三」@北山通のどんつき間近 明日に向かって走れ 2007.03.31實食 (麺面日記(ラーメン・蕎麦・地ビイル・時亊(C.M.)ネタ・自家焙煎珈琲・チャリ・焼き鳥・プロ野球データマニアetc.))
ここ最近、「福三」の新メニウ攻勢が凄まじひ。 「濃厚鶏そば」の復活、「煮干し中華そば」「特製つけそば」と來て、今度は裏メニウながら「明日に向かって走れ」と、客のこちらが店主・福田氏がひとりで作るオペレイシヨンの心配をしてしまふ程の多彩な展開だ。 さて、...