釜めし いずみや@草津市大路1:中華そば

まだ見ぬ新しい味を求めて遠くに行くのも楽しいが、反対に、今味わっておかないとやがて滅びゆくかもしれない渋くてボサい土着の味もまた、私の好奇心の対象となって久しい。この日は後者を選ぶことにした。

草津市内のレトロなアーケード街の一角。バイクで訪れたが、お店の前に奥にはちょっと気が引けた。駐車場はあるとのことで、聞いてみたらお店向かいの月極の19番とのことだったので、そこにバイクを駐めた。

釜めしを筆頭に、カレーから定食から豚汁からコーヒーまで、夏は冷麺、冬は鍋焼きうどん。街の食堂はこうでなくっちゃ!

そして、リアリティに溢れる食品サンプル。確かめたわけではないけれど、これもニッポン独自のものではあるまいか?

店内。いったんカウンター席に座ろうをするが、4人掛けのテーブル席のほうをすすめていただくので従う。(後からわかったが、カウンター席の方は常連さんの談話室的機能が高いようだった)

丼のメニューに「木の葉丼」「衣笠丼」がある。関西の食文化圏内にあるってことだなコレ。注文は「中華そば」一択。

感心したのは客席の椅子。「いずみや」の店名入り!

そうこうするうち、注文の中華そばが出来上がってくる。黒のトレーに、レンゲは別皿。お子様連れの場合に取り分けられるようにデフォルトで配慮しているってことかしらん?

絵に描いたようなナルトを中心に、青ネギ少々、モヤシ、ヤキブタティックなチャーシュー、熟成が進んで多少酸味をまとったメンマ。

麺はソフトな茹で麺。スープはかなりヒガシマル的なところにちょっと甘め傾向。

 

いずみや定食・食堂 / 草津駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« らーめん与七 ... 孝ちゃん食堂... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。