夢幻泡影

「ゆめの世にかつもどろみて夢をまたかたるも夢よそれがまにまに」

20年(?)ぶりの電車、免許証再交付 その他もろもろ

2022年09月27日 02時30分23秒 | 日記

 

20年ぶりくらいの電車に乗って運転免許証センターへ参り、免許証の再交付を受けてまいりました。

近間の駅。同じくらいの距離に二駅あるのですが、こちらは「有人駅だぞ!!」 駅員がいるのは昼間だけですけどね。

 

チビ太が散歩をしなくなってから、一年近く運動していません。たかだか片道3キロ程度の道のり、ペダルを漕ぐ太ももが痛くって、、、 おまけにかたまった腿で駅の階段を上り下りするのがた~いへん。

道そばの花を見ながら、明日からはまた、達磨さんの生活ができるって必死に頑張りました。

 

海浜幕張、目的地の駅について、バスに乗りましたが、バスは電車以上に乗っておりません。下手をすると50年近く乗ってないかな~ お茶の師匠の駅でも走っている連結バスでしたが、乗り方が分からなくっておろおろしておりました。

田舎の爺はしょうがないですね~

 

免許証の再交付自体は時間はかかりましたが、問題なく終わり、新しい免許証を頂いてまいりました。

明日からは、駅とか、買い物に行くのに片道30分以上自転車を漕ぐとかって苦役から解放されると思うと、田舎の生活には車は必需品なんだって、改めて思いましたね。免許証の返納なんて、出来ればやりたいけど、無理ですね~。

 

都会の人なんか、免許を返納して公共交通機関を使えなんてのが常識、お役所から言ってくる検査なんかにでると、電車やバス代はでるけど、車で行くと援助はしてくれない。バスもなく、タクシーも見ないようなところで、買い物や近くの駅に行くのでさえ、片道1時間近くの歩きか、少しは短くなるけど、自転車なんぞしか手段がない所では車が必需なんですよね。

大昔、長野の県庁の方とお話ししていて、「長野って、一軒あたりの自動車の保有が全国一なんですってね」なんてあたかもお金持ち~って感じで話をしましたら、「交通機関がないから、自分で用意するしかないんです」って返答が帰ってきたのが思い出されます。その時に「教育に熱心なのも、一つには貧しいからなんです」ってのには答えに苦慮しました。

なんて、閑話休題。

なに、「そればっかりじゃん」何て言わないでくださいね。

 

ところで、帰りの電車、各駅停車だったんですけど、途中追い越していった快速(その前は特急を待っておりました、特急が行き過ぎると、次は快速を待ちますなんて、、、) ダブルデッカーになっておりました。JRにもこんなのがあるのかってちょっとびっくりしておりました。

彼の国ではごく普通に見られる車両だったんで、懐かしかったです。はい。

 

スケジュールが終わっての帰り道、、、

携帯の買い替えや、運転免許の再交付、、大きな問題が終わって、心は軽く、足は重く、、、

 

 



最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (芝桜)
2022-09-29 13:21:08
やれやれ、何はともあれお疲れさまでした。これでいつもの日常に戻れますね。

のどかな駅の風景です。こんなことがなかったら、利用することもなかったかもしれませんね。
お疲れ様 (サッチー)
2022-09-30 09:02:11
私も、電車やバスに乗る機会が無くて、
オロオロします。運転免許証、無事に取得
出来て良かった。(^^♪
色々考えさせられる事ですね。
この辺で駅(誉田駅)までのオンデマンドバスが無くなってしまいました。
【利用者が少ない】確かに経営だけでは
解決できないことがありますね。
芝桜さん (赤い風車)
2022-09-30 23:47:00
はい、電車に乗る機会はほとんどなかったし、今となっては、駅に行くのに1時間近くもあるかなきゃいけないのですから、とてもとても、、、
切符を買うのにどぎまぎしましたよ。
まあ、いくつになっても新しいことに出会うのは嬉しいことなんでしょうけど。
サッチーさま (赤い風車)
2022-09-30 23:58:51
そうですよね。可能なら公共交通機関を使いたいって思いはあるんですけど、まずバスもないし、駅まで歩くにも1時間近くかかったりして、、
バスや電車に乗れる人は恵まれた人ってのが、田舎に住む爺の理解です。

コメントを投稿