ガラスの向こう側

フォトブログ★日々の暮らしの中でふと心に触れたもの

たまにはモノクロという原点に戻る

2019年04月18日 | 写真雑感

昔、写真を始めた頃はモノクロでした。フィルム現像をして、
そして気に入ったものを暗室で引き伸ばす、そんなルーティンでした。
やがて、カラー時代になって、写真がとても下手になったのを覚えています。
色彩というものをコントロールできなかったのでしょう。
あっ、今もできてませんけど。

モノクロとカラー、それぞれ難しさの種類は違いますが、
光を読むという部分ではモノクロの方がより重要なのかなと思います。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 階段を上ると・・・ | トップ | レンズのこちら側 (1) »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
色の魔術師、かつ (写真かるたのオッサン)
2019-04-18 22:44:58
光の魔術師である
明智さんが何をおっしゃいますやら♪

光を見極めたうえで
色をコントロールする!
一生の課題であります♪

写真かるたのオッサンさま (明智)
2019-04-18 23:57:02
そんなことありませんよ。
光と色はとても手ごわくて、
同じく一生の課題であります。

コメントを投稿

写真雑感」カテゴリの最新記事