ガラスの向こう側

フォトブログ★日々の暮らしの中でふと心に触れたもの

続・著作物を撮るということ

2017年10月14日 | 写真雑感

よく街頭で売られている「THE BIG ISSUE」という雑誌を
ご存知ですか。ホームレスの人たちに仕事を提供して、社会復帰
への手助けをするという事業の一環だそうです。だから、ああいった
販売方式なのですね。私も最近まで知りませんでした。
その本がデパート(藤井大丸)のショーウインドーに飾られていたので、
意外な感じでした。ブラインドの絵はその本に紹介されている作家STIK氏の
作品だということで、展示や販売(チャリティ)をしてる告知ということでしょう。
合点がいきました。

と、このように紹介したりするのも写真のひとつのあり方ですから、
こういうスタンスなら問題はないのかなと思います。
以上、昨日に続いての著作物ネタでした。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 著作物を撮るということ | トップ | これも日常写真 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こりゃ知らなんだ (写真かるたのオッサン)
2017-10-15 00:05:49
どんな内容なのかちょっと気になるので、天王寺辺りへ
リサーチに行ってみようかしらん♪
写真かるたのオッサンさま (明智)
2017-10-16 00:43:26
ちょっと買うには勇気がいりそうな感じですが、
ぜひトライしてみてください。
そういや、京都では見た記憶がありません。
大阪ではよく見ますけど。

コメントを投稿

写真雑感」カテゴリの最新記事