ガラスの向こう側

フォトブログ★日々の暮らしの中でふと心に触れたもの

奈良を歩く (3)

2021年03月20日 | 街/まちフォト

この光と影、やはり古都ならではのものですよね。
私、違いが分かるんですよ。嘘だとお思いなら、大阪で
撮ったものと奈良で撮ったものを選別させてみてください。
きっと、5割の確率で当てることができるでしょう。笑

*今回のシリーズは35mm一本勝負です(35mm換算)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 奈良を歩く (2) | トップ | 奈良を歩く (4) »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実体と影のこの一体感は (写真かるたのオッサン)
2021-03-21 10:05:32
なんでしょう!
是非とも「影」撮りの手本にさせていただきます!

噓だなんて全く思いませんよ!
わたしなら5割の確率でハズレますからね~
流石、影のある男!明智さん♪
(もちろん褒めてます!)

仰るとおり~古都ならならではではありましょう♪
(^^)v
写真かるたのオッサンさま (明智)
2021-03-21 22:41:37
見本なんて、とんでもないです。
全ての写真に言えることだけど、
こういうのは特にフレーミングと露出が命ですもんね。
もちろん、気持ちあってのそれらですけど。

ありがとうございます。
いつの頃からか影に付きまとわれています。
この歳になったら、影あってなんぼですからね。

コメントを投稿

街/まちフォト」カテゴリの最新記事